労働条件・労働時間
労働基準法
就業規則の作成・変更・届出の義務(第89条、第90条、第92条)
常時10人以上の労働者を使用している事業場では就業規則を作成し、当該事業場に労働者の過半数で組織する労働組合がある場合にはその労働組合、労働組合がない場合には労働者の過半数を代表する者の意見書を添えて、所轄の労働基準監督署長に届け出なければなりません。
また、変更の場合も同様にしてください。
就業規則は労働基準法等の関係法令、または労働協約に反してはいけません。
必ず記載しなければならない事項
始業および終業の時刻、休憩時間、休日、休暇ならびに交替制の場合には就業時転換に関する事項
賃金の決定、計算および支払いの方法、賃金の締切りおよび支払いの時期ならびに昇級に関する事項
退職に関する事項(「解雇の事由」を含む。)
定めをする場合は記載しなければならない事項
退職手当に関する事項
手当・賞与・最低賃金額について定める場合には、これに関する事項
食費・作業用品等を負担させる場合には、これに関する事項
安全・衛生に関する事項について定める場合には、これに関する事項
職業訓練に関する事項について定める場合には、これに関する事項
災害補償・業務外の傷病扶助について定める場合には、これに関する事項
表彰・制裁について定める場合には、これに関する事項
上記のほか、当該事業場の全労働者に適用される事項について定める場合には、これに関する事項
就業規則の作成・変更から届出までの図
労働基準法 (概要)
労働契約期間 (第14条)
労働条件の明示 (第15条)
解雇の予告 (第20条)
退職時の証明 (第22条)
賃金の支払い (第24条)
労働時間 (第32条)
1カ月単位の変形労働時間制 (第32条の2)
1年単位の変形労働時間制 (第32条の4、第32条の4の2)
休日 (第35条)
時間外および休日の労働 (第36条)
時間外、休日および深夜の割増賃金 (第37条)
年次有給休暇 (第39条)
就業規則の作成・変更・届出の義務 (第89条)
法令等の周知義務 (第106条)
このページのトップに戻る

banner_r2.gifhatarakikata_yasumikatakaizennpo-tarusaito.jpgpr_bnr.jpgtop_melmaga.gifbanner_rinzi_kyufu.jpg                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  

バナー1.jpg奈良新卒応援ハローワーク 新卒者雇用に関するお知らせ バナー2.jpg奈良県就職応援サイト 「ジョブならNet」 

奈良労働局 〒630-8570 奈良市法蓮町387奈良第3地方合同庁舎

Copyright(c)2000-2011 Nara Labor Bureau.All rights reserved.