労働条件・労働時間
労働基準法
労働条件の明示 (第15条)
使用者が労働者を採用するときは、賃金、労働時間その他の労働条件を書面などで明示しなければなりません。(「労働条件通知書」の様式例は様式集にあります)
明示された労働条件が事実と相違している場合、労働者は即時に労働契約を解除することができます。
の場合、就業のために住居を変更した労働者が、契約解除の日から14日以内に帰郷する場合、使用者は必要な旅費等を負担しなければなりません。
(1)

労働契約の期間 

(2)

有期労働契約を更新する場合の基準

(3)

就業の場所・従事する業務の内容

(4) 始業・終業時刻、所定労働時間を超える労働の有無、休憩時間、休日、休暇、交替制勤務をさせる場合は就業時転換に関する事項
(5) 賃金の決定、計算・支払の方法、賃金の締切り・支払の時期に関する事項
(6) 退職に関する事項(解雇の事由を含む)
(1) 昇給に関する事項
(2) 退職手当の定めが適用される労働者の範囲、退職手当の決定、計算・支払の方法、支払の時期に関する事項
(3) 臨時に支払われる賃金、賞与などに関する事項
(4) 労働者に負担させる食費、作業用品その他に関する事項
(5) 安全・衛生に関する事項
(6) 職業訓練に関する事項
(7) 災害補償、業務外の傷病扶助に関する事項
(8) 表彰、制裁に関する事項
(9) 休職に関する事項
(注) 就業規則に当該労働者に適用される条件が具体的に規定されている限り、契約締結時に労働者一人ひとりに対し、その労働者に適用される部分を明らかにした上で就業規則を交付すれば、再度、同じ事項について、書面を交付する必要はありません。
労働基準法 (概要)
労働契約期間 (第14条)
労働条件の明示 (第15条)
解雇の予告 (第20条)
退職時の証明 (第22条)
賃金の支払い (第24条)
労働時間 (第32条)
1カ月単位の変形労働時間制 (第32条の2)
1年単位の変形労働時間制 (第32条の4、第32条の4の2)
休日 (第35条)
時間外および休日の労働 (第36条)
時間外、休日および深夜の割増賃金 (第37条)
年次有給休暇 (第39条)
就業規則の作成・変更・届出の義務 (第89条)
法令等の周知義務 (第106条)
このページのトップに戻る

banner_r2.gifhatarakikata_yasumikatakaizennpo-tarusaito.jpgpr_bnr.jpgtop_melmaga.gifbanner_rinzi_kyufu.jpg                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  

バナー1.jpg奈良新卒応援ハローワーク 新卒者雇用に関するお知らせ バナー2.jpg奈良県就職応援サイト 「ジョブならNet」 

奈良労働局 〒630-8570 奈良市法蓮町387奈良第3地方合同庁舎

Copyright(c)2000-2011 Nara Labor Bureau.All rights reserved.