労働条件・労働時間
労働基準法
労働基準法とは
労働基準法とは労働条件に関する基本法規であり、日本国憲法第27条第2項(勤労条件の基準)に基づき労働者が人たるに値する生活を営めることを目的として必要な労働条件の最低基準を定めた法律です。「1日8時間労働」や「残業手当」、「給与の支払い」、「年次有給休暇」など日常業務に係わってくる労働条件は、この労働基準法に定める基準を満たしたものでなければなりません。したがって、使用者はこの法律が定める基準を下回る条件、待遇で、労働者を使用することはできません。仮に、労働基準法を下回る基準で使用した場合は、罰則が設けられています。労働基準法は刑罰法規でもあります。
但し、一般職の国家公務員や一般職の地方公務員は国家公務員法や地方公務員法の適用を受けるため労働基準法の全部または一部が適用されません。その他、船員法が適用される船員も労働基準法は一部適用となっています。

労働基準法は、昭和22年の施行以来、わが国の労働関係の近代化と労働条件の改善、向上に大きな役割を果たしてきました。この間、わが国を取り巻く内外の環境は大きく変化し、経済社会も大きな構造変化を遂げてきました。そして、国民生活の変化とともに、労働者の働き方や就職意識の多様化も進んでいます。このような状況の下で、豊かで安心できる社会、健全で活力ある経済を実現していくためには、働く人々が意欲にあふれ能力を存分に発揮するとともに安心して働くことができる労働条件や環境の整備を進めることが重要です。このようなことから、労働基準法についても昭和62年以来大きな改正が数回にわたり行われてきました。特に、平成10年に行われた改正は、多岐にわたるとともに、将来の労使関係の構築にも大きな役割を果たすものと考えています。

以下、労働基準法の主な項目を説明します。
労働基準法(概要)
労働契約期間 (第14条)
労働条件の明示 (第15条)
解雇の予告 (第20条)
退職時の証明 (第22条)
賃金の支払い (第24条)
労働時間 (第32条)
1カ月単位の変形労働時間制 (第32条の2)
1年単位の変形労働時間制 (第32条の4、第32条の4の2)
休日 (第35条)
時間外および休日の労働 (第36条)
時間外、休日および深夜の割増賃金 (第37条)
年次有給休暇 (第39条)
就業規則の作成・変更・届出の義務 (第89条)
法令等の周知義務 (第106条)

平成16年1月1日施行「改正労働基準法」のあらまし

このページのトップに戻る

banner_r2.gifhatarakikata_yasumikatakaizennpo-tarusaito.jpgpr_bnr.jpgtop_melmaga.gifbanner_rinzi_kyufu.jpg                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  

バナー1.jpg奈良新卒応援ハローワーク 新卒者雇用に関するお知らせ バナー2.jpg奈良県就職応援サイト 「ジョブならNet」 

奈良労働局 〒630-8570 奈良市法蓮町387奈良第3地方合同庁舎

Copyright(c)2000-2011 Nara Labor Bureau.All rights reserved.